Post

Prev   

悪い種子

悪い種子 [DVD]悪い種子 [DVD]
(2006/11/03)
ナンシー・ケリーパティ・マコーマック

商品詳細を見る



†††マーヴィン・ルロイ監督作品
ローダ:パティ・マコーマック
クリスティン:ナンシー・ケリー
リロイ:ヘンリー・ジョーンズ
†††1956年 アメリカ
********    ********
所謂一種の「アンファン テリブル」と言うヤツで、割と最近
ですとカルキン君の「危険な遊び」とかありましたね、ある意
味「オーメン1」なんかにも近いものがあるかも?実際にあった
事件 だとメアリー・ベルとか思い出しますね。
 主役の女の子が凄いんだ、これが、パティ・マコーマックね、
8歳らしい無邪気な可愛らしさと、自分の思い通りにならないと
異常にヒステリックになったり殺人をも平気で犯す様を不気味に
も見事に演じ分けて、無名の子役から一躍アカデミー助演女優賞
ノミネートになったとか。
 また、全く罪悪感無く罪を犯して行く娘を目の前に葛藤する
母親を演ずるナンシー・ケリーも、殺された子供の母親役の女優
さんも見事。監督は「哀愁」の監督さんなのね、あれはベタベタ
のメロドラマだったけど、そう言えば母親の葛藤する様が割とし
つこく描かれていて、その辺のウェットさは「哀愁」のベタベタ
加減と通じるものがあるかも、ヒッチコックとは対照的ね、あの
人はクールだから。
 でも確かに面白いんですよ、これが、ホントに見応えあるの。

 ラストを除いてはね。

 や、もうあれはちょっと(笑)うわーー!!今までのは何だっ
たのーーー!!???えーー??これで終わりっスか?アレがオ
チっすか?マジですか?

 と言う感じ。ここへ来てすっかり置いて行かれました。
「衝撃的なラストは誰にも話さないように」みたいな注意書きが
入りますが、確かにある意味すっごく衝撃的(笑)
 非常にキリスト教的と言えばそうなのかも知れません。

 や、でもそれをさっ引いてもこれが¥690はかなりおトクだと
思います。

 後味の悪そうな映画ですが、エンドクレジットと共にバックス
テージの微笑ましいシーンが収録されていて救いもあります。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。